真夜中の夜叉姫
無くしたもの







丘に佇むと見渡す限りの


チモシーの草原


たおやかな風にのった


草の香りに幼き日の


無邪気な君の笑顔が


浮かんでくる


身体の何所かに染みとなった


憂いの傷は


また来年もこの丘へと


囁いているようだ







プロフィール

ミミ

Author:ミミ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる