真夜中の夜叉姫
あなたの居ないまま



時が通り過ぎるこの街



一人歩くいつもの道も



私には明るすぎて



いつの間にか伏し目がちになる



外した指輪の後は



スクリーンのように



過去を思い出し



その光景は少しも



色褪せてはいない













プロフィール

ミミ

Author:ミミ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる