真夜中の夜叉姫
隙間
   


               いつの日からか

               一人でいる事に

               耐えられない自分が

               いるのだろう

               たぶん貴方を知ってから

               誰も入り込めないはずなのに

               いつの間にか貴方は

               心の隙間を這うように

               少しずつ少しずつ

               私の心に入って来る

               魅了された私は

               鎖で縛られるように

               彼方の方に導かれる

               こんなはずでは

               無かったのに

               こんな私では、

               無いと思ったのに

               もう愛さないと

               誓ったのに

               彼方の来ない夜は

               ジェラシーの

               渦の中へ沈んで行く





  


             


プロフィール

ミミ

Author:ミミ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる